時期によっては、残業も当たり前、最悪の場合、会社への泊まり込みが必須の業界があります。特に今人気の高まりを受け、競争が激化しているオンラインカジノ業界などはまさしくそれです。bit-casino.netのような新しい会社などは、スタートアップ時にはかなり残業を強いられていたことでしょう。会社としても一応、大事な労働力として気を遣っています。「なるべく快適に働いてもらいたい」という思いがあり、会社の休憩室には常備品として各種ソースが用意してあります。「食事をなるべく楽しんでもらいたい」という配慮です。

海外と日本の違い

やはり、国が違うと常備品として置いてあるソースも変わってきます。海外の企業で醤油を常備しているところは見たことないですし、地元で一般的に使われているものが用意されるのが普通です。